四国

仁淀ブルーの支流にある滝壺

この写真は、2017年4月1日に高知県いの町の山中にある滝壺を撮影したものです。

高知県にいる友達に教えてもらい行ってきました。

仁淀ブルーを生で見るのは初めてでしたが、吸い込まれるような、ある種怖さすら感じるほど綺麗な青色でした。にこ淵自体は地元では神格化されており、龍が住むと言われており地元の方々は近づかないようにしているそうで、来ているのは、ほぼ地元以外の人でした。

滝壺まで降りる道がかなり険しいですが、時間を忘れて眺めてしまうほど一見の価値はあります。

関連記事

  1. 青く澄んだ空と海に近いローカル駅
  2. 徳島県|鳴門の渦潮の迫力を御覧ください
  3. 徳島県、鳴門公園の展望台からの絶景
  4. 聳え立つ姿に圧倒される阿波の土柱
  5. お祝いのこいのぼりがウレシイ!徳島県の大歩危峡
  6. 映画で実際に使われた、二十四の瞳の学校へ行ってきました
  7. 直島と言えばこれ!草間彌生のかぼちゃ
  8. 讃岐富士はまるでにほんむかし話の山

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP